アプリケーションの管理
-CentOS- | -Ubuntu-

Dabianパッケージ管理システム

Dabianパッケージ管理システムはDabian系ディストリビューションで扱えるパッケージ管理システムのこと。ローカルファイルを扱う主なコマンドに「dpkg」コマンドがある。

 

deb形式のパッケージを管理する

「dpkg」コマンド

書式
dpkg アクション [パッケージ名 | ファイル名]
主なアクション名 説明
-i, –install インストールする。
-r, –remove アンインストールする。
-p, –purge 設定ファイルも含めて、アンインストールする。
-l, –list インストール済みのパッケージを検索する。
-L, –listfiles インストールされたファイルの一覧を表示する。
-s, –status パッケージの情報を表示する。
-S, –search ファイルのインストール元パッケージを検索する。
パッケージ名 操作するパッケージ名。
ファイル名 -Sオプション設定時にファイルを指定する。

dpkgコマンドの実行例

$ sudo dpkg -i sample-1.2.deb

 

異なる形式のパッケージに変換する

「alian」コマンド

書式
alian [オプション] ファイル名
主なオプション名 説明
-d 【既定】deb形式のパッケージファイルを生成する。
-r RPM形式のパッケージファイルを生成する。
ファイル名 対象となるパッケージファイル。

alianコマンドの実行例

deb形式のパッケージファイルに変換する。

$ sudo alian sample-3.2.rpm

 

インストール済みのdebパッケージを再設定する

「dpkg-reconfigure」コマンド

書式
dpkg-reconfigure [オプション] パッケージ名
パッケージ名 再設定するパッケージ名を指定する。

dpkg-reconfigureコマンドの実行例

$ sudo dpkg-reconfigure locales

 

debパッケージをリポジトリから操作する

リポジトリとはパッケージを公開しているサーバのこと。

「apt」コマンド

aptコマンドはapt-getコマンド、apt-cacheコマンドを合わせたようなコマンドになる。

書式
apt [オプション] サブコマンド [パッケージ名]
主なオプション名 説明
-r 問い合わせに対して自動的にyesと回答する。
主なサブコマンド名 説明
update 利用可能なパッケージの一覧を更新する。
upgrade パッケージをインストールする。
更新してシステムをアップグレードする。
install パッケージをインストールする。
remove RPM形式のパッケージファイルを生成する。
パッケージ名 操作するパッケージ名。

aptコマンドの実行例

$ sudo apt install sample-9.5.deb

リポジトリ情報を確認する

$ cat /etc/apt/sources.list
# deb cdrom:[Ubuntu 18.04.1 LTS _Bionic Beaver_ – Release amd64 (20180817)]/ bionic main restricted

# See http://help.ubuntu.com/community/UpgradeNotes for how to upgrade to
# newer versions of the distribution.
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ bionic main restricted
.
.
.

 

参照元情報

LinuCレベル1 合格教本
LinuCレベル1 合格教本