コマンドライン
-CentOS- | -Ubuntu-

ホームディレクトリ

ユーザにはホームディレクトリと呼ばれる、領域がある。

  • rootユーザには/root/
  • 一般ユーザには/home/ユーザ名/

シェルが起動したときに、それぞれのホームディレクトリが表示され、それがカレントディレクトリ(今いるディレクトリのこと)になる。

シェル起動時のカレントディレクトリ(root)

シェル起動時のカレントディレクトリ(root)

 

ファイルやディレクトリを指定する

カレントディレクトリに存在するときは、ディレクトリの指定は不要。

カレントディレクトリに存在するとき

$ cat file.txt

カレントディレクトリに存在しないとき

$ cat /dir/file2.txt

 

相対パスと絶対パス

ファイルやディレクトリの位置を表す文字列をパスという。パスには相対パスと絶対パスの2種類がある。

相対パスと絶対パスの違い

相対パスと絶対パスの違い

 

ディレクトリを扱うとき利用できる記号

カレントディレクトリ付近のファイルやサブディレクトリを指定するときは相対パスを使い、それ以外のものを指定するときは絶対パスを指定する。

ディレクトリを表す記号

記号 意味
. カレントディレクトリ
.. 親ディレクトリ(1つ上のディレクトリ)
~ ホームディレクトリ
/ ルートディレクトリ(先頭にあるとき) / ディレクトリの区切り

ルートディレクトリを指定する2つの方法(CentOS)

rootがカレントディレクトリのとき。

# ls /
bin dev home lib64 mnt proc run srv tmp var
boot etc lib media opt root sbin sys usr

# ls ..
bin dev home lib64 mnt proc run srv tmp var
boot etc lib media opt root sbin sys usr

 

ルートディレクトリを指定する2つの方法(Ubuntu)

rootがカレントディレクトリのとき。

# ls /
bin etc lib media root srv usr
boot home lib32 mnt run swapfile var
cdrom initrd.img lib64 opt sbin sys vmlinuz
dev initrd.img.old lost+found proc snap tmp vmlinuz.old

# ls ..
bin etc lib media root srv usr
boot home lib32 mnt run swapfile var
cdrom initrd.img lib64 opt sbin sys vmlinuz
dev initrd.img.old lost+found proc snap tmp vmlinuz.old

ホームディレクトリを表す

ホームディレクトリを表す

 

カレントディレクトリを絶対パスで表示する

「pwd」コマンド

書式
pwd

pwdコマンドの実行(CentOS)

[user@host ~]$ pwd
/home/user

pwdコマンドの実行(Ubuntu)

user@host:~$ pwd
/home/user

 

カレントディレクトリを変更する

「cd」コマンド

書式
cd [ディレクトリ名]

cdコマンドの実行(CentOS)

[user@host ~]$ cd /dir/
[user@host dir]$

cdコマンドの実行(Ubuntu)

user@host:~$ cd /dir/
user@host:~dir$

尚、引数なしのcdコマンドはカレントディレクトリをホームディレクトリに変更できる。

 

参照元情報

LinuCレベル1 合格教本
LinuCレベル1 合格教本